「覚悟の磨き方」の書評と要約。仕事を吉田松陰の観点からみる

  • 「覚悟の磨き方」ってどんな本?
  • 吉田松陰ってどんな人?
  • この本からどんなことが学べるの?




こんな悩みを解決します。



「覚悟の磨き方」は、学問の神様「吉田松陰」のマインドをまとめた本になっています。

語録集なので、1時間足らずで読めちゃいます。



今回、仕事について吉田松陰の観点から解説していきます。

自分の仕事や現状を振り返られるきっかけになりますよ。

本記事の内容

  • 著者や書籍について
  • 要約と書評
  • 読むべき人
  • 今の仕事や現状を振り返ってみよう



「覚悟の磨き方」の基本情報


まずは「覚悟の磨き方」の書籍情報についてご紹介します。

編訳:池田貴将 ( いけだ たかまさ )


「覚悟の磨き方」という本の編訳は池田貴将という人。

【 経歴 】

  • 早稲田大学を卒業
  • リーダーシップ・行動心理学の研究者
  • ビジネスの成果を上げる「実践心理学」と東洋の「人間力を高める学問」を統合した独自のメソッドを開発
  • 全国の経営者・役職者から高い評価を得ている
  • 東洋思想の研究をしており、特に吉田松陰の志を継ぐことを自らの使命とする
  • 主な著書「未来記憶」「動きたくて眠れなくなる」



書籍:覚悟の磨き方


この書籍は2013年6月13日に初版発行されています。


吉田松陰の名言をまとめた語録集となっております。


内容としては以下の6つのカテゴリーから構成されており、合計で176もの名言が綴られています。

【 6つのカテゴリー 】

  • 心 ~MIND~
  • 士 ~LEADER SHIP~
  • 志 ~VISION~
  • 知 ~WISDOM~
  • 友 ~FELLOW~
  • 死 ~SPIRIT~



吉田松陰とは



吉田松陰とは、どんな人物なのかということについて簡単にまとめました。

【 吉田松陰 】

  • 兵法 ( 戦い方 ) の専門家
  • 松下村塾の創設者
  • 高杉晋作・伊藤博文 ( 初代総理 )、品川弥二郎 ( 内務大臣 )、山県有朋 ( 第三代、九代総理 )、山田顕義 ( 國學院大學、日本大学の創設者 ) を送り出す。全員「松下村塾」出身
  • 結果として明治維新に貢献



「覚悟の磨き方」の名言


「覚悟の磨き方」の中から名言をいくつか紹介します。

< 心 ~MIND~ >

006 そこに未来がある

自分の心がそうせよと叫ぶなら、ひるむことなく、すぐに従うべきだと思います。

010 自分はどうあるべきか

「すべての問題の根本は自分の中にある」物事を動かす基本はここにあります。外部に答えを求めることなく、「まず自分はどうあるべきなのか」をひとり静かに考えてみましょう。

016 見失ったときに振り返る

なにか新しいことをはじめようと思うなら、その前に「なんのために、そうしようと思っているのか?」はっきり言葉にしておいた方がいいでしょう。

020 流れを変えるのは自分の行動

幸運とか不運というものは、すべて自分の方から求めているものなんです。他人のせいにしたり、組織のあり方に腹を立てたりすることなく「自分の行動を変えよう」という発想に行き着くことができるはずです。

021 夢を引き継ぐ者

「自分が実現させたいこと」について、何度も考えて、考えつくすこと。いつまでも続く平和や安定はない、という事実を、つねづね自分に言い聞かせること。


< 志 ~VISION~ >


083 人である意味

人は「なんのために生きているか」で決まるのです。心に決めた目標のない人間は、もはや「人間」とは呼びません。もし思い出せないなら、今すぐ思い出す時間をつくるべきです。

086 どう生きたいか

ただ「自分がどう生きたいか?」その方針に従って生活することなんです。それが人の道というものじゃないでしょうか。

091 ことのはじまり

なんでも、「最初の決心」というものが一番重要です。事をはじめるのに、大切なことは、シンプルに、心の底から、「この道をきわめたい」と叫ぶことができるかどうか。それだけなんです。


< 死 ~SPRIT~ >

166 止まることは許されない

進まなければ、退化します。今日死んでも悔いを残さないよう、死ぬまで前に進み続けるしかありません。

169 命の重さ

なんのためにその命を使っているのか、ただそれだけが問題なんです。


「覚悟の磨き方」の書評


「覚悟の磨き方」の書評を紹介します。


結論、この本が教えてくれることは、「人間の本質は変わならい」ということです。

そしてそれは、江戸時代から今日まで、これから先もずっと変わりません。



本当に後悔しない生き方とは何か、常に自分がどう動くべきかを考えるということが大切だということを教えてくれます。

仕事・転職の観点から見てみる


あなたは今、本当にやりたい仕事ができていますか?


お金が良いから仕方なくこの仕事をしている

安定しているから、つまらないけどこの仕事を続けている


こう思いながら、やりたいこととは異なる仕事をしている人はたくさんいます。



周りの目ばかりを気にすると、つい行動できなくなってしまいがちです。

しかし、本当に自分がやりたいこと、素直に自分と向き合うことが大事です。


「覚悟の磨き方」を読むべき人


「覚悟の磨き方」を読むべき人をご紹介します。


【 読むべき人 】

  • 今の環境に疑問をもち、転職を考えている人
  • 今できていないけど、本当にやりたいことがある人


書評でも書きましたが、今の環境に満足していない人は「覚悟の磨き方」読んで、一度自分を見直すきっかけにすべきです。


まとめ:「覚悟の磨き方」



「覚悟の磨き方」は語録集なので気軽に読めちゃいますし、自分が生きる意味についてとても大切なことを教えてくれます。

必ず、自分の日々の行動や現状を振り返るきっかけになります。


Amazonや楽天で売ってるので、気になった方は注文してみて下さいね。

-
-, ,

Copyright© すじこ ブログ , 2020 All Rights Reserved.